14.JPG







宮形を据える

神棚4.gif
神棚5.jpg
宮形とは、お神札を入れるお社のことをいいます。そして神棚をおまつりするには、次の条件を満たす場所におまつりします。

・家の中心で明るく清らかな場所
・方角は南向きか東向きで高い位置
・家族が毎日お参りしやすい場所

御神札をまつる

宮形を据えたら、お神札をおまつりします。
お社の作りによって まつる順番も変わりますので、図を参考にしてください。


神棚1.png


神棚2.png

※氏神神社とは地元の神社のお神札をいい、崇敬神社とは地元以外の神社のお神札をいいます。

飾りつけをする

 お社を据えたら注連縄を張ります。注連縄はそこが神聖な場所であることを示すものです。 ですが家の造りなどによっては注連縄が付けられない場合もあると思いますので、その場合は無くても構いません。

注連縄の形は「大根締め」「牛蒡締め」どちらでも結構です。注連縄には紙垂 (しで) を挟み込みます。紙垂の折り方は図を参考にしてください。

・大根締め
注連縄1.png

・牛蒡締め
注連縄2.png

・紙垂の折り方
紙垂1.jpg
紙垂2.jpg
紙垂3.jpg
紙垂4.jpg
紙垂5.jpg

神饌を供える

 お紙札をおまつりしたら、お供え物を並べます。神さまへのお供え物を「神饌 (しんせん)」といいます。 神饌は毎朝お供えし、通常はお米 (炊いた御飯でも良い) ・塩・水の三品です。 お正月には餅、毎月の一日や十五日にはお神酒・野菜・果物などもお供えします。 頂き物のお菓子や旅行先のお土産など、特別なご馳走などがある場合も、まずご神前にお供えしてから戴くと良いでしょう。

神さまにお供えしたものは「お下がり」として家族でいただきます。

神饌1.png

神饌2.png

不幸があった場合

神棚3.png

 同居する家族に不幸があった場合は、喪に服し、故人のまつり (忌) に専念するため神棚に半紙を貼り、毎日のおまつりは控えます。五十日経ったら忌明けとして、通常のおまつりを再開します。忌明けまでの期間は地域によって異なりますので、お近くの神社へお尋ねください。

  

  

facebook-icon.pngfacebook-icon.png