IMG_20141122_083022.jpg







御祭神と御神徳


御祭神と御神徳.png
大年神・御年神は稲作を司る親子神であり、五穀豊穣・商売繁昌の神として古来より人々に崇められています。また一般的には、お正月に家にお迎えする歳神としても知られ、家庭に幸せをもたらす神であります。とくに御年神は正月に渡す「お年玉」の語源の神としても知られています。当社では故事により、諸願成就・災難厄除の神としても信仰されています。

久山年神社の歴史


当社は 文禄元年(西暦1592年)霜月十四日 第107代 後陽成天皇の御世に、久山村字宮の元(現在の吉川建設事務所の上辺り)に創建されたと記録にある。

ある年 イナゴが大発生し稲の被害が続いたため、村人は駆除に努めたが その効果も無く、困り果てた村人はもはや神にすがるしかないとして、当時の四面宮(現在の諫早神社)の神官の馬場氏を斎主に、御祭神の御神霊を勧請し祈願を行ったところ、たちまちに被害が治まった事から霊験あらたかとして祠を建て祀ったのが始まりとされている。
年神社の歴史.png
その後 正保年間の始めに塩田が開墾されたが、しばしば堤防が決壊したため、御神体を船に遷し海(現在の大村湾)に浮かべ祈願したところ、これもまた治まり、村人たちは神の御神威だと大いに喜び、正保三年(西暦1646年)神社を宮の元から字山の上(現在地の裏手 城山の海側の中腹)に遷し祀り、さらに篤い信仰を集めたと言われている。これが元になり農業に霊験顕かな神にも関わらず、当社の御神体は船形の御神座に乗せてお祀りされており、大変珍しい様式となっている。
002.png
因みに諫早市内には「年(または歳)」が付く神社が大変多いが、これは諫早市が古くから県内の穀倉地帯であったことから五穀豊穣の神である御祭神を各所に祀ったものと考えられる。それゆえ、現代においても県内の他の市や町に 「年(または歳)」 が付く神社は、ほとんど見られない。その後 現在の地に遷宮され、昭和4年 現社殿を建設、昭和43年 玉垣新設、昭和53年 社殿大改修、平成16年 社務所改築、平成27年2月には境内社の稲荷神社の建て替えを行い現在に至る。

久山稲荷神社


稲荷神社.png
年神社本殿の左側に祀られています「境内社 久山稲荷神社」の御祭神 宇迦之御魂神は、京都の伏見稲荷大社を本宗社として全国に祀られている神であり、商売繁昌・衣食住を司る神として広く信仰されています。また年神社の御祭神・大年神の弟神といわれ、当社とも関わりが深い神であります。

  

  

facebook-icon.pngfacebook-icon.png